EDが別れる原因になったカップルの割合

EDは性行為という愛し合うものがその愛情を確かめるために行う営みを阻害する重大な病気です。特に「愛情」というのは極めて主観的な感情であり、通常であっても些細なことが原因で失われる非常に不安定なものであるため、EDが原因となって愛情が失われて別れると言ったようなケースも少なからず発生しています。では実際にEDが分かれる原因になったカップルの割合としてはどれくらいなのかと言うと、これは正確なデータがとりづらい部分であるためはっきりと言えるようなものがありません。ただED治療を行っている浜松町第一クリニックが彼氏・夫がEDもしくはその可能性がある、または過去にそういった男性と付き合ったことがある女性500人を対象として行ったインターネット調査では、その1/4にあたる25.4%の女性が「EDをネガティブに捉えている」という回答をしているというのは注目するべきデータです。もちろんその25.4%全てが別れを決意するわけではありませんが、その中には「他の女性と肉体的関係を持って性欲を満たしているのではないか」や「気持ちに溝が生まれてしまった」といったような意見を持っているということも明らかになっていますので、性行為ができないということはやはり別れの原因になることは確からしいとして見ることができます。また性行為の機会が無くなった・少なくなったことを理由として「女性としての自信を喪失した」と回答しているのはおよそ半数に上る43.2%の女性となりましたから、男女間の関係を考える上でEDは非常に重大な障害になると言えるでしょう。
もちろんこうした考え方はあくまでも統計の話ですから「あなたのパートナーは43.2%の確率で自信を喪失していて、25.4%の確率で別れるつもりです」といったことにはなりませんが、EDが男女間の愛情を失わせるリスクであることは認識しておくべきことなのです。

ノンエレクト法でED解消!その原理とは?

EDの中には一度疲れなどで性交に失敗し、次回から再び失敗したらと心配しすぎて勃起を妨げている場合があります。そのような心因性EDの人はバイアグラなどの精力剤を使っても、心理的ストレスが勝るのであまり効果がありません。どうしてストレスを感じているのかを根本的に解決する必要があり、医療機関ではノンエレクト法を採用しています。ノンエレクト法ではまず専門医とのカウンセリングを行います。男性が抱える悩みを正直に打ち明け、心をすっきりさせます。カウンセリングの基本は受容と支持、保証の3つです。悩みを聞きそれを否定せず、しっかりと理解してあげます。最後に悩みが絶対に解決することを話して以前のように自信を持たせてカウンセリングは終わりです。医師からはパートナーも含めて性交で勃起をしないようにと指示します。男性側は勃起しないという約束事によって、日頃のプレッシャーから解放されます。カウンセリング後からはパートナーの協力が必要です。男性は女性と性交をしますが、完全に勃起していない状態で亀頭だけを挿入します。膣の中で陰茎に集中して快感を味わい、勃起したら一旦外に出します。勃起しなくなったら再び膣の中に入れるという陰茎のトレーニングを行います。女性は挿入している時間は快感を得ることはないので、トレーニングが終わったら男性が愛撫してパートナーとの関係を保ちます。男性は自慰行為で処理することは認められていますが、膣内では射精できません。ノンエレクト法は60%がEDが改善し、24%でやや改善しているので心理的EDの治療として効果が高いです。ノンエレクト法では患者との信頼関係が重要なので、医師は情報を漏らさない決まりがあります。

EDの最新治療情報

EDは男性にとって辛いものです。EDになると女性に対する自信だけではなく、男性としての自信も失ってしまいます。EDを治すには血流を良くしてペニスへの血行を良くする以外に方法はありません。10代、20代のころはほっといても固くなるのですが、年齢と共に勃起力は衰えていくものです。喫煙、飲酒、運動不足、睡眠不足、過労、ストレスなど、EDを促進する原因はいろいろあります。バイアグラ等のED治療薬を飲めば、一時的に勃起不全や早漏は改善されます。彼女とデートしている時に、そういう雰囲気になった場合に、バイアグラ等を持っていないと、中折れしたりして恥ずかしい思いをしてしまいます。注意しないといけないのは、バイアグラ等のED治療薬は食後に服用すると効果がないということです。ED治療薬を服用するには、空腹時に水で飲まなくてはいけません。彼女と食事中にそういう雰囲気になって、食後に飲んでも、いざという時に勃起しないという悲しいことになる可能性があります。たまになら、疲れてるという言い訳もできますが、毎回ですと、彼女の心が離れてしまいます。バイアグラ等のED治療薬の服用のタイミングには注意しましょう。また、最近はバイアグラ等の薬だけではなく、治療機も開発されています。ペニスに衝撃波を与え、ペニスの血流を良くする治療機も日本に上陸しています。バイアグラ等の治療薬では一時的な治療にしかなりません。性行為前に、毎回服用するのも手間になります。ペニス治療機で恒常的に治療を続ければ、10代、20代のころの逞しい勃起が回復してきます。予算と時間に余裕があるようでしたら、ペニス治療機での治療を試みてみるのをおすすめします。
◆EDの薬、男性用バイアグラと女性用バイアグラの成分は同じです
女性用バイアグラ
◆相手がEDなら媚薬でやる気を出そう
媚薬 通販
◆EDの薬について効果などを知っておきましょう
バリフの特徴とは