アーカイブ | 6月 2016

  • ED治療薬は早漏にも効果的で安定したセックスが可能

    草食系男性を自負する男性でも、やはり愛する恋人や妻とは性的な関係を持って当然です。 近年では20代から40代カップルのセックスレスが、社会的な課題だと取り上げられています。 単純に夫婦仲が悪くなったためにセックスレスに発展するケースもありますが、その原因として挙げられるのが、男性側のEDです。 ペニスが男性の意思に反して勃起しなくなれば、いくら男女双方が愛情を抱いててもセックスする事が出来ません。 軽度のEDであれば、日を改める事で再びセックスに再挑戦出来ますが、 老化や精神的な疲労によって、勃起力が低下していれば、似たような結果に至ってしまいます。 一週間のうちにEDと思われる症状が二度、三度と確実に現れてきているなら治療が必要です。 EDは不妊の原因と離婚の遠因になる課題ですので、恥ずかしがらずに専用のお薬を飲みましょう。 お薬に対して抵抗感を抱く方々もいますが、現在では多くの日本人男性がED治療薬を利用しています。 不妊やセックスレスの克服に広く役立てられており、専門医が子作りや不仲に悩むカップルに勧めている背景もあります。 また勃起出来ない日はないが、若い頃に比べて早漏気味な体質になった、という男性にもED治療薬が推奨されています。 症状の一つに早漏体質が含まれており、加齢等で性機能が低下した体調不良を受け、 脳の方が少ない勃起力をなんとかやりくりしようと、勝手に射精に至るまでの時間を早めてしまう事があります。 ED治療薬には性機能低下による早漏を治す副産物的な薬効が含まれており、 女性とベッドを共にする直前に、1錠を飲んでおけば、EDと早漏体質が解消されます。 安定した勃起状態でセックスを可能にしますので、下半身由来のコンプレックスが緩和され、男性としての自尊心が揺らいでた草食系男性も安心して夜の時間を過ごせるようになります。