妻を失望させたくないならED治療薬を食前に飲む

薬を飲むときは、食前、食後、食間など、いつ飲むかが決まっているので、効果を実感したいときは、必ずそれを守る必要があります。
EDを改善したい人の強い味方となってくれる薬といえばバイアグラですが、これは食後ではなく、食前に服用するものなので、間違わないようにしたいですね。
バイアグラを食前に服用すると、有効成分が吸収されやすくなるので、高い効果を得られますが、食後に服用すると、空腹時に比べて、著しく有効成分の吸収が低下してしまいます。
食事をしてから、2時間以上の時間が経てば、食後であっても成分を吸収できるといわれているので、空腹に耐えきれずに食べてしまった場合は、それぐらいの時間を空けるようにしてください。
脂っこい料理は消化が悪く、有効成分の吸収を阻害してしまうので、バイアグラを服用するときは避けるようにし、食事の量もお腹いっぱい食べるのではなく、八分程度の抑え気味にすることが大切です。
食前の空腹時を選び、性行為の1時間前に服用すると、もっとも効果があるので覚えておくとよいでしょう。
服用すると、およそ30分程度で効果があらわれ始め、1時間程度でピークとなり、その後はゆるやかに減退していくので、バイアグラを飲むときは、時間配分をよく考えてから飲むようにしましょう。
性行為の1時間前の服用がもっとも良いといわれているので、最近勃起不全になることが続いて、妻を失望させていると感じている方は利用することをおすすめします。
バイアグラなどのED治療薬を正しく使えば、若い頃と変わらない性行為が出来るので、自信を取り戻すことが出来ますし、妻を喜ばせることも出来ます。
個人輸入代行通販を利用すれば、バイアグラ以外のED治療薬も買えるので、勃起不全を解消したい方は購入するようにしましょう。